「自転車通勤」夏場の暑さ対策テクニック

自転車通勤_暑さ対策 自転車

自転車通勤のデメリットの一つとして夏場は暑いという事が挙がりますが、その対策としてどうすればいいかを考えてみました。

自転車通勤を諦めるという事も選択肢にはあると思いますが、そんな消極的なことは却下して考えています。

自転車通勤の魅力に取り浸かれた筆者にはもう「自転車通勤あるのみ」です。

少しでも夏の自転車通勤が快適になるヒントを得て頂ければ幸いです。

良かったら読んでみて下さい。

スポンサーリンク

「自転車通勤」夏場の暑さ対策

日陰の道を選ぶ

いつもの通勤ルートを見直してなるべく日陰になるルートを選ぶ方法です。

多少遠回りになっても日陰ルートを優先するか、距離優先で日照時間を少なくするか悩むところではありますが、照り付ける日光を浴び続けるのは思ったよりキツイです。

日陰ルートを優先する方がいいでしょう。

信号待ちは日陰で

信号待ちで待っている時は無風状態なので、日光に当たっているとジリジリと焼かれるだけになります。

待ってると長い信号待ちの時間。

ひたすら耐えるだけの時間になってしまいます。

そんな時は日陰に退避です。

信号から多少離れても木の下などの日陰に逃げましょう。

まあ、みなさん普通にやってますけどね。

実はピークシフトできている

夏は日差しが強くなる前の時間帯に出勤し、日が落ちた後に帰るというパターンになるが一般的(出勤時間によりますが)なので自然とピークシフトできてしまいます。

真っ昼間の日差しを浴びるのでなければ意外と辛くないものです。

しかし、通勤の時間帯がピークシフトの時間帯になっていない場合はどうすればいいのか?

それなら意図的にズラすという方法もあります。

試しに朝一時間速めに出発してみると体感する暑さの違いが解るハズです。

自転車通勤にとって「時間帯による日差しの強さを考慮する」事は重要なんです。

氷嚢(ひょうのう)を使う

どうしようもなく蒸し暑くて堪らない時もあります。

走っても風が涼しくない、熱風が纏わりついてくるので逃げ場がない。

そんな時の最終手段、氷嚢を使うといいです。

ケーキを買った時などに付けてもらえる「保冷剤」を凍らせて、タオルにくるんで首にまく。

これがヒンヤリとして非常に気持ちいいです。

太い血管の通っている首を冷やすことで、効率よく血液を冷やす事ができるという理にかなった方法です。

調べてみたら、首用のアイスノンもあるようです。こちらを試してみるのもいいかも知れません。

まとめ

自転車通勤での暑さ対策を考えてみましたが、自転車は屋外を走るので、基本的に暑さから逃れられません。

なので、唯一逃げられる「日差し」から逃げる方法がメインになりました。

最後に簡単にまとめると、

夏場の自転車通勤での暑さ対策
・なるべく日陰の道を選ぶ
・信号待ちでも日陰に入る
・ピークシフトで日差しの弱い時間帯を狙う
・氷嚢を使う

この方法で筆者は乗り切っています。

以上です。お役に立てれば幸いです。

読んでくれてありがとうございました。

コメント

  1. […] 当然のことながら、車通勤や電車通勤のようにエアコンの完備された環境ではないので、気温の影響は大です。「自転車通勤」夏場の暑さ対策テクニック […]

タイトルとURLをコピーしました